読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パンダのメモ帳

技術系のネタをゆるゆると

CentOS 5.4でLDAPサーバーの構築

CentOS 5.4 に OpenLDAP を導入してLDAPサーバーとし、LDAPによる統合認証環境を構築する。

1. 要件と仮定

要件は以下の通り。

  • 導入後のローカルユーザー認証をLDAPに対応させる。
  • FTPSSH、SambaをそれぞれLDAPに対応させる。それぞれの設定については別途。
  • メール(Postfix)との連携は熟考の上、行わないことにした。
  • Cyrus SASLを導入し、DIGEST-MD5認証に対応する。

便宜上、設定等について下記の通り仮定する。

  • ベースDNは "dc=example,dc=jp" とする。
  • 管理用DNは "cn=Manager,dc=example,dc=jp" とする。
  • 管理用パスワードは "hogehoge" とする。

2. インストール

yumを使ってクライアントとサーバーをインストール。また、SASLを使う際に必要となる cyrus-sasl-md5 もあらかじめインストールしておく。

[root@localhost ~]# yum -y install openldap-clients openldap-servers
[root@localhost ~]# yum -y install cyrus-sasl-md5

2009年12月15現在、yumでインストールした場合のバージョンは 2.3.43-3 だった。以降の手順の確認は本バージョンで行っており、以前・以降のバージョンでは異なる場合があるので注意してほしい。

3. 外部スキーマの入手

SSHの秘密鍵認証やSambaのユーザー認証を行うためには標準のスキーマでは足りないため、追加のスキーマを導入する。

RSA鍵認証

今回はRSA公開鍵もLDAPで管理するので、そのためのスキーマも導入しておく。不要な場合はこの手順は飛ばして構わない。

[root@localhost ~]# wget http://dev.inversepath.com/openssh-lpk/openssh-lpk_openldap.schema
[root@localhost ~]# mv openssh-lpk_openldap.schema /etc/openldap/schema/
Samba

Samba用のスキーマは /usr/share/doc/samba-*/LDAP/samba.schema からコピーできる。当然、Sambaをインストールしていないと存在しないので、あらかじめインストールだけでもしておくこと。不要な場合はこの手順は飛ばして構わない。

[root@localhost ~]# cp /usr/share/doc/samba-*/LDAP/samba.schema /etc/openldap/schema/

4. 設定

まず最初に /etc/openldap/slapd.conf の rootpw に設定するためのパスワードハッシュを生成する。パスワードハッシュの生成には slappasswd コマンドを使用する。

[root@localhost ~]# slappasswd
New password: (管理用パスワードを入力)
Re-enter new password: (管理用パスワードを入力)
{SSHA}dvh5ZlE+P+CgufnuQkBvTmM9yZaUZuit

最後に出力された値をどこかにメモしておく。次に /etc/openldap/slapd.conf の編集に入る。rootpw は slappasswd コマンドから出力されたハッシュを指定すること。

[root@localhost ~]# vim /etc/openldap/slapd.conf
include         /etc/openldap/schema/core.schema
include         /etc/openldap/schema/cosine.schema
include         /etc/openldap/schema/inetorgperson.schema
include         /etc/openldap/schema/nis.schema
include         /etc/openldap/schema/samba.schema
include         /etc/openldap/schema/openssh-lpk_openldap.schema

allow           bind_v2
pidfile         /var/run/openldap/slapd.pid
argsfile        /var/run/openldap/slapd.args

access to attrs=userPassword
        by dn="cn=Manager,dc=example,dc=jp" write
        by self write
        by anonymous auth
        by * none
access to attrs=SambaLMPassword
        by dn="cn=Manager,dc=example,dc=jp" write
        by self read
        by anonymous auth
        by * none
access to attrs=SambaNTPassword
        by dn="cn=Manager,dc=example,dc=jp" write
        by self read
        by anonymous auth
        by * none
access to *
        by self write
        by * read

database        bdb
suffix          "dc=example,dc=jp"
rootdn          "cn=Manager,dc=example,dc=jp"
rootpw          {SSHA}dvh5ZlE+P+CgufnuQkBvTmM9yZaUZuit

directory       /var/lib/ldap

password-hash   {CLEARTEXT}
sasl-host       localhost
sasl-realm      example.jp
authz-regexp
        uid=([^,]+),(.+),cn=auth
        uid=$1,ou=People,dc=example,dc=jp

index objectClass                       eq,pres
index ou,cn,mail,surname,givenname      eq,pres,sub
index uidNumber,gidNumber,loginShell    eq,pres
index uid,memberUid                     eq,pres,sub
index nisMapName,nisMapEntry            eq,pres,sub

次に /etc/openldap/ldap.conf の編集を行う。このファイルにはLDAPクライアントが使用するパラメータを記述する。

[root@localhost ~]# vim /etc/openldap/ldap.conf
BASE    dc=example,dc=jp
URI     ladp://127.0.0.1/

最後にデータベース設定ファイルを設置する。/etc/openldap/DB_CONFIG.example に推奨設定ファイルがあるのでそれをそのままコピーすればよい。

[root@localhost ~]# cp /etc/openldap/DB_CONFIG.example /var/lib/ldap/DB_CONFIG
[root@localhost ~]# chgrp ldap /var/lib/ldap/DB_CONFIG

5. サービスの起動

ここまで設定したらサービスを起動し、次回から起動時に実行されるように設定する。

[root@localhost ~]# service ldap start
slapd の設定ファイルをチェック中:  config file testing succeeded
                                                           [  OK  ]
slapd を起動中:                                            [  OK  ]
[root@localhost ~]# chkconfig ldap on

"config file testing succeeded"と表示されない場合、設定ファイルに記述ミスがあるので確認して修正する。

6. エントリの登録

LDAPサーバーに基本的なエントリを登録する。まず、BASE.LDIFという名前のファイルを下記の通り作成する。

[root@localhost ~]# vim /etc/openldap/BASE.LDIF
# domain
dn: dc=example,dc=jp
objectClass: dcObject
objectClass: organization
dc: example
o: Example Inc.

# Manager
dn: cn=Manager,dc=example,dc=jp
objectClass: organizationalRole
cn: Manager
description: Directory Manager

# People
dn: ou=People,dc=example,dc=jp
objectClass: organizationalUnit
ou: People

# Group
dn: ou=Group,dc=example,dc=jp
objectClass: organizationalUnit
ou: Group

作成した BASE.LDIF を使用して ldapadd を実行する。

[root@localhost ~]# ldapadd -x -W -D "cn=Manager,dc=example,dc=jp" -f /etc/openldap/BASE.LDIF
Enter LDAP Password: (パスワードを入力)
adding new entry "dc=example,dc=jp"

adding new entry "cn=Manager,dc=example,dc=jp"

adding new entry "ou=People,dc=example,dc=jp"

adding new entry "ou=Group,dc=example,dc=jp"

7. クライアントの設定

ローカルユーザー認証をLDAPサーバーによって行う様に変更する。authconfig コマンドを下記の通り実行する。

[root@localhost ~]# authconfig --enableldap --enableldapauth --ldapserver=127.0.0.1 --ldapbasedn=dc=example,dc=jp --update

次に、初ログインの際に自動でホームディレクトリが作成されるようにする。/etc/pam.d/system-auth に下記の行を追加。

session     required      pam_mkhomedir.so skel=/etc/skel umask=0022

8. ユーザーアカウントの管理

今回はSambaとの連携を行うため、ユーザーアカウントの管理は smbldap-tools で行う。続けてSambaの構築を行う場合は以下の記事を参照。

9. TLSに対応させる

セキュリティを考慮した場合、クライアントとの通信にはTLSを用いた方がよい。TLS通信に対応する場合は以下の記事を参照。